温泉旅館物語

入浴中の美女
  1. 楽々タウン >
  2. 温泉旅館物語>第一話

温泉旅館物語 第一話

天城連山は伊豆半島を東西に振り分けている。天城山系の一角から湧き出た水は、やがて清流となって伊豆の山々を爽やかに下る。が、大雨の後などはあっという間に見る者に恐怖心を与えるほどの荒れ狂う激流となり、たちまちのうちに河口付近の海水を黄土色に変色させてしまう。そんなわけで、熱川温泉街の中心を流れる川の名は、以外にも熱川ではなく濁川という。普段は温暖で風光明媚といわれているの伊豆熱川温泉の隠された一面である。

熱川温泉街の中心部を流れる濁川の河口付近
熱川温泉街の中心部を流れる「濁川」の河口付近

「濁川」なのに「熱川温泉」?

その答えは、伊豆熱川駅に降り立ち、目前の噴泉塔(源泉櫓)からモクモクくと湯けむりを上げている光景を見れば、あなたも肌身で感じ取ることができるでしょう。

熱川という名の由来は、昔、この地にあたたかな川が流れていたからだという。今では湧出する温泉のほとんどが旅館などで有効利用されているが、川が暖かくなっていたのは、かっては、自噴するままにまかせていた温泉が、川に流れ込んでいたからです。自噴する源泉の温度は、ほぼ100度である。

さて、天城山系の一つの襞に開けた伊豆熱川温泉は、猫の額のような土地にへばりついた小さな温泉地である。まだ、この地が静かな農村だった頃は、日当たりの良い東向きの地形を生かして「きぬさやえんどう豆」が栽培されていた。その、きぬさやえんどう豆を作って財を成した人達がいたことから「成金豆」呼ばれた。今でもその名残がある。きぬさやえんどう豆の形をした「成金豆」という銘菓がおみやげ品として売られている。

温泉旅館 青雲閣

昭和40年代の熱川温泉の風景
昭和40年代の熱川温泉街の風景

1968年(昭和43年)初夏、26才のオレ・湯の街ネヲンは、下田市の職安の係員のすすめるがままに、なんの目的もなく熱川温泉の旅館の「青雲閣」に身を置くようになった。これまでの陸上自衛隊の野外の無線通信隊員から温泉旅館の番頭さんに変身した。世の中は、三種の神器がカラーテレビ、クーラー、カーの3Cへと移行しつつあった時代である。

当時は、日本国中が青春時代だった…。どこもかしこも若者で溢れかえっていた。ここ熱川温泉も例外ではなかった。

職安で手渡された紹介状を頼りに熱川温泉を訪ねると、温泉街のメインストリートに面し、こじんまりとしていたが立派な唐破風の玄関がある伝統的な日本建築の旅館の青雲閣があり、右隣りには古びた青雲閣みやげ物店を併設していた。温泉場の昼時は深閑としている。3段ほどの石段の上に建つ青雲閣を見上げながらオレは思った。こんな温泉場のこんな旅館で、蒲団敷き、風呂掃除、庭木の手入れ、そして、休みの日には温泉三昧、海辺で読書と…。そんな世捨て人のような人生もいいかもと…。

この時オレは、この青雲閣にホテル アタガワという新館があることを知らなかった。前年には国道135号線のバイパスが稲取まで開通し、熱川海岸の堤防が完成し、ホテルの大型化がはじまった時期であったことを…。

まわりに人影はない。静かである。オレ一人の世界であった。

わずかな時間で今後の人生を決めたオレは、石段を登り玄関に入った。初夏の日差しが明るかったぶん館内は暗かった。そして、帳場にむかって大きな声で「こんにちは」と呼び掛けた。やや間をおいて「はい!」といって、オレと同年代の女性が無表情で出てきた。職安の紹介状を手に来意を告げると、彼女は紹介状を持ったまま無言で帳場に消えた。

そして彼女は、たった今、オレが思い描いた未来とは全く違った行先の切符をもって戻ってきた。青雲閣の新館、ホテル アタガワへの略図がかかれたメモ用紙を手渡しながら、ここで社長が面接をするからこのまま行ってくれといった。

時代の風は順風

自衛隊員には、私物の歯ブラシが1本と、パンツが1枚あればなんの支障もなく日々の業務や生活が送れた。親方日の丸で、仕事及び生活必需品を現物支給してくれたからだ。さらに、月給は7,500円であった。ラーメンが180円の時代である。思えば、温泉旅館も衣食住の心配なく生きていける世界であった。

オレは、オープンしたばかりのホテル アタガワの小さな社長室で面接をした。結論は、オレの都合がつき次第いつでも来いということで、給料は前職の2倍の15,000円を出しますということであった。

このときのオレは、なんの考えもなく温泉旅館に就職たが、この業界には時代の風が追い風となって順調に吹いていた。スタート時の年収が180,000円だったオレの給料が、14年後(40才)の退職時の年収は、なんと5,000,000円にもなっていた。もちろん、それなりにオレも頑張ったけど…。

ボンネットバスのイラスト

さて、東海バスの社史によれば、1967年(昭和42年)の3月28日には、なんと、1,400組もの新婚さんが伊豆半島をぐるっとめぐる定期観光バスに乗車したとある。ちなみに、車中での新婚さんたちのようすを聞かれたバスガイドさんたちは一様に答えたという。皆さんよく寝ていましたと…。

湯の街ネヲンは、新婚旅行ブームの真っ最中の伊豆熱川の旅館に就職したのであった。給料が倍増したと素直に喜んでいた湯の街ネヲンである。

サラリーマンのいいところは、自分や同僚が貰う給料の額には敏感であるが、他人のサイフの中身は詮索しないところである。当時の新婚さんの宿泊料金は、一人一泊二食5,000円だったので、一室あたりの売り上げは10,000円となる。ホテル アタガワには客室が50室もあり、連日ほぼ満館であった。湯の街ネヲンの月給が15,000円であったということは、社長さんのフトコロにはどれほどのお金がころがりこんだのであろうか。

<つづく>

人気記事

人気記事

人気記事

人気記事