温泉旅館物語

入浴中の美女
  1. 楽々タウン >
  2. 63歳! 涙のパソコン挑戦記 カラダでおぼえる編

63歳! 涙のパソコン挑戦記
カラダでおぼえる編

30代のなかばのオレ(湯の街ネヲン)が、前職のホテル アタガワに在籍中に、大学生だった社長の息子が、オレの会計知識をもとにベーシック言語を駆使し、秋葉原で部品を買い集めて会計機を作くりあげた。個人の制作としては、全国的にも数例目で下田財務事務所のお墨付きの本格的なものだった。この時代に、オレの頭のなかにはコンピューターはスゴイというイメージが出来上がっていた。

ないしょの話…。オレ、脱サラをしてはじめた「総案」の仕事が軌道に乗った50代のはじめ、昔の夢を追って、ベーシック言語に挑戦した。たった1ページでアウトだった。それではとワープロを買った。これも、新品のまま押し入れの肥やしとなった。

ごちゃごちゃのパソコンの配線
63歳の頭のなかのパソコンのイメージ

はじめに

パソコン未体験のあなたが、だれかにパソコンをやってみろといわれたとき…、

「なに、パソコンを買えって?」

「そんなものは、俺には無縁のシロモノだ!」

「買っても無駄だ! 宝のもちぐされだ!」

「なに、パソコンをやってみろって?」

「この年齢でか?」

「そんなこと絶対に無理! ムリ、ムリ!」

「はじめてもできない。 ダメダメ、ダメだ!」

な~んて、あなたは思っちゃいませんか? もし、あなたがパソコンをやってみようかと思ったとき、パソコンの基本操作習得のうえで一番の障害なるのが、パソコンにたいするこんな偏見です。まずは、意識改革をしましょう。人間の方がパソコンより絶対に賢いに決まっている。はじめは誰でも素人だ! さあ、思い切ってはじめてみよう。

まず、電化製品に対する意識改革をしよう。

六十の手習いで、パソコンをやってみようとする年代の人たちは、子供の頃、テレビなどの電化製品をチョットいじっただけで「悪さをするな、壊れる!」と、大声で親から怒られたので「電化製品=壊れやすいモノ」という方程式が脳ミソにすり込まれている。だから、この年代の人たち(オレたち)には電化製品を楽しむなんて発想がない。

現代の電化製品は、見た目には華奢だがチョットやソットでは壊れるシロモノではない。だから、まずは電化製品に対する恐怖心を取り除き、パソコンを賢いオモチャだと思って気軽に遊ぶという感覚に切り替えよう。

次に、パソコンの習得法に対する意識改革をしよう。

六十の手習いでパソコンを始めようとする人たちの良いところは、知識や経験が豊富なことである。だが、パソコン習得の初期には、この豊かな知識や経験が逆に足を引っ張る。それは、長い人生の経験から、身辺にはオバケなんていないと思い込んでいるからだ。世の中のことは、すべて知り尽くしていると錯覚しているからだ。

ところがドッコイ、オバケはいるのだ。過去の経験では計りえない世界がある。それが、パソコンの世界である。まっさらな未知の世界の領域に踏み込む(学習する)ということは、たとえ人生経験が豊かな人でも、「オギャー」と生まれたばかりの赤ん坊と同じである。

赤ん坊といえば、高齢者がパソコンをマスターする最速で最短の方法は、3才児に戻ることです。声を出し指差しながら一つずつ一つずつ覚えることです。人間の基本に立ち返って恥ずかしがらずにやってみよう。さぁ~、やってみようぜ! な、なまけもの!

なにぬねの

もの覚えが悪くなったのは、すべて加齢が原因です。悲しむことはありません。本当の話し…、パソコンの習得なんて、このレベルの繰り返しです。この単純勉強法で乗り切ろう!

1. パソコンがやってきた

湯の街ネヲンがパソコンをいじりはじめて6ヶ月と少々である。最近なって、やっとパソコンに慣れてきた。使えるようになったのではない。目・肩・腰などの肉体的な苦痛から開放されはじめたということである。

この物語は、若者とは異なる肉体的、頭脳的な条件下でパソコンを学んだ高齢者が、その経緯を「63歳!涙のパソコン挑戦記」として書いたものです。

我が総案の事務所に、デスクトップ型パソコンが、机上に堂々と並んだのは、2005年02月08日のことである。この日から湯ノ街ネヲンとパソコンのお付き合いが始まった。

はじめてパソコンが設置された時の感動は、遠い昔、我が家にテレビなるものが運び込まれた時と同じだった。「オギャー」と生まれた時から電化製品に囲まれて育った、今の若い者には、あじわえない感動であろう。こんな感動を、人生において二度もあじわったオレ、これが幸せといわずなんといおう…。

この幸せを我が事務所に運び込んだのは、伊豆長岡温泉の花山君という旅館の営業マンだ。その日の花山君は、オレを強引に PC DEPOT(ピーシーデポ)とヤマダ電機へとひっぱっていった。二軒をハシゴして買い求めた中古のパソコン一式を事務所に持ち込むと、花山君は、あれよ、あれという間にセッテングし使えるようにしてくれた。

ディスプレイ

PC DEPOT で、パソコンのことを何も知らないオレは、ただ花山君のあとをついてまわっていた。そのときオレは、パソコンは絶対に中古品のほうがいいと思った。値段の問題ではない。ドッシリとしていて頑丈そうだからだ。新製品はチャチで頼りなげだった。我々の年代は、チャチイものはすぐに壊れるものと思っている。

パソコン本体

花山君は、人間の脳に当たるパソコンの心臓部が詰まっているのが、この箱だと教えてくれた。が、オレには俄かには信じられなかった。ここだけの話ですが、上記のテレビのようなディスプレイこそが、パソコンの中枢部分だと思っていたからだ。パソコンに対するオレの知識はそんな程度あった。

さらに花山君は、パソコンの性能について OS・CPU・メモリなどが、どおのこおのといったが、オレちんぷんかんぷんであった。要するに、用途に合わせて車を買うようなものらしい。

キーボード

ディスプレイが 7,970円+消費税、パソコン本体とキーボードで 49,700円+消費税であった。以上、5万7千円とチョイでした。

二人して製品を事務所に持ち帰った。オレなんだか知らないがウキウキしてきた。

なおオレ、機械ものは、とにかく正常に動けば良いという主義である。不足・不便なことは自分が機械の機能・性能に合わせれば良いのである。物品の新・旧には、ストレスを感じない性格である。

事務所には、花山君がパソコンを設置してくれるまでは、電話機とコピー機しかなかった。これまでは、パソコン嫌いだと吹聴していたが、パソコンの進化と自分の寿命のバランスを考えたとき、このあたりがパソコン嫌いの看板を下ろす潮時だと思った。所謂、年貢の納め時というやつである。

2. パソコンに命名

事務所のデスクの上にデンと並んだパソコンと、その周辺機器をながめていると、マイカーを手に入れたときと同じような高揚感に包まれる。手間をいとわずワックスをかけピカピカに磨き上げたクルマのように、パソコンもかわいがってあげたくなった。

パソコンは車のようにワックスがけが出来ないので、それぞれの機器に名前をつけてかわいがることにした。呼び名は、愛読書の横山光輝の漫画「三国志」から拝借することにした。

パソコンの顔であるディスプレイは、
» 劉備 玄徳で、
» パソコン本体は関羽、
» キーボードは張飛、
» マウスが趙雲である。

そして、パソコンの頭脳である Windows XP は、諸葛亮 孔明 とした。

3. マウスに慣れよう

初心者、特に高齢の初心者は、デスクトップ型パソコン、すなわち、パソコン本体・モニター・キーボード・マウス・スピーカーと、さらに、プリンターなどがずらりと並んだ机のまえに座ると、なじみの薄い機器類からの無言の威圧感に気おされる。

「さあ、やってみてください!」と、ビビってる湯の街ネヲンの背後から花山君が言った。

「ふざけるな、出来っこねえ!」と…、
私は心の中で反発したが、今や、花山君先生には絶対に逆らえない。

オドオド、モジモジしている私を尻目に、花山君は持参した CD-ROM からゲーム類をインストールしてくれた。「これなら出来るでしょ」と言って、マージャン・囲碁・将棋・花札の類とオセロ・トランプ・こいこい・五目並べ等と、ブロック崩しや、ピンボールなどを開いて見せた。だがそれは、すべてが旧来からあったゲームの類であった。

単純なゲームばっかりだったので不満そうな顔をすると「今の所長(オレ)には、最新のゲームは無理です。とても無理、無理ですって…、10年早い!」と、花山君に一蹴された。

さて、パソコンとは思ったよりも取っ付きにくいシロモノだ。その代表がマウスだ。コイツは、なかなか思うようには動かない。コイツには結構泣かされた。最初の壁であった。

マウス

例えば、マウスポインタが画面上のどこにあるのか解らない時は、手元のマウスをクルクルとまわしてその所在場所を確認した。

また、画面上でクリック先をマウスポインタで追っかけていると、知らず知らずのうちにマウスのヤツが机上の端のほうへ行ってしまう。腕が伸びきってしまう。そんなときは、マウスの接続コードを引っ張ってマウスを手元に戻した。

オレが思うに、初心者がパソコンを習得するには、まず、身体におぼえさせることです。

だから、パソコンでゲームをするということは、マウスを操作したりキーボードを使うことになるので、知らず知らずのうちに身体で覚えることの学習になります。余計なことは心配せずに楽しみながらお続け下さい。そしてそれが、意外にやっかいなマウス操作向上につながります。槍の「趙雲」だって最初から名人だったわけではない。練習をかせね慣れるしかない。

4. ネズミが死んだ?

毎朝一番にやることはパソコンの電源を ON にすることだ。いつものようにパソコンが立ち上がった。さあ、今日も楽しい一日が始まるぞと思いながら、電子メールのアイコンの上にマウスポインタをもっていきクリックした。マウス君、ご苦労さんといいながら…。

「ウン? おかしいぞ、いつもとようすが違う」「エッ! エ~ッ? メールのページが開かない!」「ウン? なんでだ、なんでだ!」 と、慌てふためくオレであった。

マウスがおかしい

パソコンの電源の入れ方が悪かったのかな?、と思って最初からやり直すことにした。シャットダウンするためにスタートボタン上にマウスポインタを移動した。そして、慌ただしく何度も何度もクリックした。

「ウン! ウン? ここでも反応なしだ!」
「ヤバイ!、ウィルスか?、どうするどうする」と、一人慌てふためく。

この時、素人のオレが無意識のうちにやったことがある。ディスプレイの上部を平手で二度叩いた。さらに、横っ腹をバンバンした。どちらも反応なし。接触不良かと思って、マウスを空中で激しく振ってみた。マウスをカチカチとヒステリックにクリックしてみた。いずれも反応なし。

以上、オジさんが電化製品に対する過去の経験をもとに思いつく限りの処置をした。しかし、結果はゼロであった。万策は尽きたと絶望感に襲われた。ああ・・・。

ヨシ! こうなったら荒治療しかない、と思ってパソコン本体の電源ボタンを強制的に「OFF」にした。そして、気を静めながら神にもすがる思いで再度「ON」を押す。パソコンは立ち上がるものの、結果は同じであった。クソ~ォ!。それでも、もしやと思って何回も繰り返してみた。やっぱりダメだ!。

こうなったら最後の手段である。思い切って、エイ、ヤーのかけ声と共にコンセントを抜いた。南無三・・・。今度は仏様に縋った。そして、再びコンセントを差し込み再挑戦。またまた、結果は同じであった。

以上は、絶対にやってはいけない事です。

素人療法の万策がつきて、我がパソコンの師匠 花山君 に電話をして指示を仰ぐことにした。

「お早う御座いま~す。花山で~す」と、弾んだ声で電話にでた。人の気も知らないで、何という電話の出方だ、コンチキショウめ!、とちょっとムカッとした。が、パソコンを復旧させるのが先決なので気を落ち着かせトラブルの内容を伝えた。

「あっ、それってマウスがイカレタんですよ、買い換えてください」と、いとも簡単な答が返ってきた。トラブルの原因はマウスがイカレタのだ。ネズミが死んだ。あとで、このときの花山君が上機嫌だったワケが解った。今からゴルフを始めるところだったのだ。

そんなわけで、一人で PC DEPOT(ピーシーデポ)にマウスを買いにいった。パソコンショップで一人買い物をする自分、なんだか、とってもかっこよく思えた。

5. 見たくない!

パソコンの置いてあるデスクのうしろ側の足元には埃まみれの配線のヤマがある。おぞましい光景である。オレはずうぅっ~と見ないようにしてきたが、今日ばかりはマウスを交換するために手を入れざるをえない。ジャングルのような配線をかき分けて、自力で新品のマウスに交換した。我ながらよく出来たものだと、埃まみれた手で自分自身に拍手をおくった。

マウスを交換して、はじめて知ったことがある。

マウスには脳みそがあったのだ。新発見である。

マウスのはてな

オレはマウスとは電気の球と同類だと思っていた。電球はソケットにねじ込むとパッと明かりがつく。マウスもコードをパソコンに接続すればすぐに動くものだと思っていたのだ。すなわち、電気は速い(?)ので、スイッチを ON をすれば、すぐに通電し作動するものだと思っていた。

実は、マウスは電球と同類の電気製品ではなかったのだ。PC DEPOT へ文句を言いに行く前に、念のためにマウスについていた能書きを広げてみた。そこに書かれていることを知ってビックリ仰天であった。何と!、マウス(パソコン関連製品)には「脳ミソ」があると書いてあったのだ。

そんなこととはつゆ知らず、私はマウスのコードの接続を終えると、すぐにマウスを使い始めてしまったのだ。マウスにすればさぞ迷惑なことであったろう。

オレがこのデキソコナイめ!、とののしっていた、まさにその時、マウスの頭ミソ(コンピューターの一種類?)内では、パソコン本体から出された命令を懸命にインストールしていたのだ。無知なオレでごめん!、とマウスに謝った。

6. ちょっと一休み

みなさんは、この砂時計のマークが、なんだか解りますか?

これは、パソコン初心者用の「興奮冷却マーク」です。

砂時計マーク

もしかしてあなたは、このマークが出ると、イライラしてマウスをせわしく動かし、怖ろしい顔をして砂時計を睨みつけていませんか?

「早く失せろ!」と怒鳴りながら…。そんなことをしていたら血圧が上がるばっかりです。

この興奮冷却マークは、そんな皆さんたちのためのお助けマンなのです。このマークを見たら、マウスから手を離し深呼吸をしましょう。気を落ち着かせましょう。そして、眼を閉じるか遠くを見つめて視力の回復をはかりましょう。砂時計が消えるのを静かに待ちましょう。このようにして、少しづつパソコンに慣れましょう。

オレは近頃、パソコンを可愛いやつだと思えるようになってきた。近親感がわき仲間意識が芽生えた。

最近はまっているゲームがある。AI 囲碁だ。コイツはとても生真面目なヤツである。セオリーなどを無視して、目を瞑って適当な場所に石を置く(クリックする)と、オレのかわいいパソコン君は、興奮冷却マークを出しチョット待ってとばかりにしばらく考えます。そして、パソコンの本体では、「ウィーン」と唸り声を上げて、空調機器をフル回転させ目一杯頑張っています。

60歳代の人たちには、今後、最低20年もの余命があります。そんなに急いで何処へ行く…、である。時間はたっぷりあります。

7. 一本指打法でOK!

パソコンの習得には、マウスだけではなくもう一つ身体で覚えなくてはならないものがある。それは、キーボードの操作である。これは思い込みさえ排除すればそれで解決です。

キーボード一本指打法

若者達は得意げに早打ちをやってみせ、この様にヤレと言う。解説書も同罪である。キーボードの正しい操作方法などと称して、若者流のやり方を図解入りで説明している。ヤツらは早く打て、しかも、両手の10本の指を使ってやれという。フザケルナ! 我々にパソコンを諦めろというのか…、である。

キーボードの一本指打法が非難されるいわれはない。一本足打法の王さんは、世界一のホームラン王になった。文句があるか! そもそも、60年間も働かせたこの身体、今ではあっちこっちにガタがきている。特に運動神経などはみるかげもない。キーボードでの「早打ち」なんぞに挑戦する必要は全くない。

キーボードの最大の仕事・役割は、使い手の命令を正確にパソコンに伝えることなのです。もっとも大切なことは、いかに正確に打つかということです。だから、それさえできれば、理想どおり両手で操作ができないことを悩んだり悲観することはない。

では、一本指じゃかっこ悪いという方、また、ボケ防止のために両手を使いたいという方に良い方法を教えましょう。それはいとも簡単な方法で、右手の人差し指と左手の人差し指とを使って、右、左、右、左と一文字ずつ交互に打てばいい。立派な二刀流の使い手である。

8. モニターに盲点あり

先日、ある友人から楽しい話を聞いた。実家の75歳のお父さんが、デスクトップタイプのパソコンを買ったそうだ。友人は高齢な父がパソコンを買うという気概に感嘆していたが、お父さんは目がよくないからといって22インチのモニターにしたそうだ。これには友人もビックリしたそうだ。

友人は、まあ、お金はとっておいても仕方ないから贅沢するな、とは言わないけれど、困ったことことができたそうだ。それは、お母さんにはパソコンを触らせないのだ。理由は、いじたっら壊れるから、だって…。パソコンを前にしていがみ合う両親のことを思うと前途は多難だとなげいていた。

この話しを聞いたオレは思わずニッコリとした。それは、大型のモニターにしたお父さんの考え方が大正解だからだ。さすが年の功だと感心した。お父さん頑張れ…、応援しています。実はオレ、パソコンを始めて一番泣かされたのがモニターなんです。現在も悩み続けている。

目がつかれる

老眼鏡をかけ、頑張って画面を見つめても60分が限界です。しかたなく、しばらく休んで再開しても、二回目はもっと早く5~6分でアウトです。それ以上は、目が痛くなってとても耐えられない。モニターには肉体的な苦痛を強いられる。年を取った者の悲しい現実です。

そんなワケでアドバイス。まずは、モニターの文字のサイズを ”大” にしましょう。

年を重ねたオレ達は、目の力や記憶力など肉体的なことはすべて減退するばかりです。悩んでばかりいても仕方ない。しかし、我々には若者達よりも優位なものもある。それは、経済的な余裕である。先ほどの友人のお父さんのように、あるものは有効に使おう!

オレも花山君にお願いして、19インチのモニターに買い換えた。ちょっと寂しくなるが、初代の劉備 玄徳のテレビのようなモニターにさよならである。理想をいえば、もっと大画面のモニターにしてキーボードから2~3メートル先に置き、老眼鏡なしでパソコンを使うことである。

人気記事

人気記事

人気記事

人気記事