信念の人・天城 博之

入浴中の美女
  1. 旅の楽々タウン >
  2. 信念の人・天城 博之 : 館内編

信念の人・天城 博之 : 館内編

天城 博之は、ことわざ「大は小を兼ねる」にならい「大企業で培った仕事の手法は、中小企業でも通用する」との信念から、文字通り額に汗して頑張ったが、支配人としては女将には認められなかった。理由は、温泉旅館のもつ特殊性に理解が及ばなかったからだ。

温泉旅館の朝食
温泉旅館の朝食には、アジの干物が付きものです。

8. ホテル舘山寺の天城さんが来た

日射しには春の力強さが感じられるが、とてつもなく寒い朝であった。ピンポーンというチャイム音とともに、寒気をまとって天城さんが入ってきた。毎月定例のことである。ここは湯の街ネヲンの総案事務所である。

ホットコーヒー

いつものように二人の前にコーヒーがならんだ。彼は砂糖とミルクをいれスプーンでかき混ぜ始めたが、その手がいつまでも止まらない。今までに見たこともない雰囲気が漂った。そんな彼の様子を見とがめて、オレは「どうした、ナニかあったの?」と声をかけた。二人は同年輩である。

「いや、別に…」と、答える声にいつもの力強さがなかった。「悩む」とは心の内の「不安」との戦いである。天城さんは己の胸のうちの不安と必死に戦っていたようだ。悩みはそうとう深そうだ。が、オレは彼がヤワな人間ではなく打たれ強いタフな性格であることを知っていたので、さして気にはしなかった。むしろ逆に死ぬほど悩め…、と思った。

9. 期待の大型新人・天城さん

定年まじかの天城さんは、早期退職して故郷の浜松へUターンし、ホテル舘山寺に就職した。温泉旅館業界は人材が乏しい。ホテル舘山寺も例外ではない。前職が大手の生命保険会社の大きな営業所の所長だった天城さんは、ホテル舘山寺のトップである女将さんから、その活躍を大いに期待されて入社した。

一般的な温泉旅館の業務は、社長または女将を中心に、フロント、営業、経理などの管理部門、仲居さんや番頭などの接客部門、料理の調理部門の三部門に大別される。通常、社員たちは所属する部門を超えて仕事をすることはほとんどない。

大企業出身の天城さんは、入社そうそうホテル舘山寺で特異な働き方をした。たとえば、宴会場への料理運びや、宴会終了後のコップや皿などの食器、お銚子やビール瓶などのかたずけから、残飯の始末までの諸作業を女中さんや番頭さんと一緒になって働いた。事務所を飛び出し温泉旅館特有の体力勝負の宴会場などの現場で頑張った。

また、前職時代の習い性か、どんな作業時でもネクタイをゆるめず背広を片時も手放さなかった。そんな彼の仕事ぶりに現場の仲間たちは好意的であった。お客さんの評判もよかった。みあげた資質・性格である。その誠実な仕事ぶりが評価され、まもなく、天城さんは支配人になった。

余談ではあるが、温泉旅館は役職名の大安売りをする。途中入社して最初に手渡された名刺に、○○部長とかの役職名がつくなんて話はザラである。なので天城さんは、わずかな期間でホテル舘山寺の現場のトップに立った。

現場の仕事といえば、温泉旅館も時代の流れに合わせ、業務の効率化をめざし無駄をなくそうと努力している。温泉旅館のいいところは非日常である。あまり効率化を追いすぎると、お客さんが求めるやすらぎが減少してしまう…。

我々は「アリとキリギリス」の、働き者のアリさんに共感している。が…。

「働かないアリに意義がある」の著者・長谷川 英祐氏によると、働きアリの7割はボーっとしており、1割は一生働かないそうだ。しかも、働かないアリがいるからこそ、組織は存続できるという!

話を元に戻そう。日が経つにつれ天城さんの評判は、女中さんや番頭さんのあいだでは良かったが、ホテルの中枢部門での評価は芳しくなくなってきた。なんでだ? どうしてだ!!!

芳しくない評価の答えは、単純でカンタンです。下記の組織図をご覧ください。

旅館の組織図

ある温泉旅館の組織図に、赤字で  天城  と、湯の街ネヲンが追加記入しまた。この組織図の  天城  の位置をみて、これまでの話が理解できたひとは温泉旅館人として合格です。この業界の発展のために引き続き頑張ってください。期待しています。

10. 悩める天城さん

いつものように二人はセールスに出た。「今日は、いつもの態度じゃねーじゃねーか!」と、話しかけたが返事がない。車中に沈黙が続いた。しばらくして、天城さんがやっと口を開いた。「なんだ、聞こえないぞ、もっと大きな声でしゃべれ」と、オレは怒鳴るようにいった。彼を元気付けるように…。

「私はですね…」と前置きをして、己の日常の仕事ぶりを話した。土曜、日曜などは、朝食会場の準備のため朝6時には出社し、夜は宴会場の後片付けが完全に終わるまで、一日中ぶっ通しで働いています。「そんな自慢話はいいから早く先を言え」と、湯の街ネヲン。彼は、いつも変わらぬ気持ちで仕事に励んでいるのに、近ごろ、女将との間にすきま風を感じるといった。

だからといって、女将がとやかく言うわけではない。だが、その態度が私を無視しているように感じると続けた。大企業の厳しい人間関係のなかで生きてきた超サラリーマンの天城さん、上下関係が断ち切られたような、この疎外感に耐えられないという。疎外される理由が思い当たらないので、考え始めると夜も眠れないというのである。これが、彼の悩みであり、不安をつのらせる原因であった。

ヤツの悩みを聞いたオレ、彼の悩みの原因がすぐに解った。

女将さん

女将の態度が変わった理由は単純明快である。女将さんは、天城さんの器を ”将器にあらず” と見たのである。オレは、女将のその判断は的確であると思った。女将は、天城さんを ”一兵卒” として扱うことに決めたのである。女性がいったん下した決断は恐ろしい。容赦なく一線を引くからである。

この女将の天城さんに対する方針の変更に、彼は敏感に反応したのだ。降りかかる火の粉をすかさず払おうとする優秀なサラリーマンである。天城さんの悩みの元が解った湯の街ネヲンは、彼のために強烈な答えを出してやった。

「なんだ、そんなことで悩んでいたのか、馬鹿じゃないのか?」と切り出し「答えは簡単、平社員に降格してもらえよ!」と、鋭角的な思考回路の湯の街ネヲンは、暴言とも思える言葉を投げつけたが、天城さんはピクリとも反応しない。

オレ、天城さんをチラリと見やりながら、この石頭野郎に問題の解決方法をどのようにわからせようかとあれこれと考えた。考えることに使わない頭は、石の地蔵さんの頭と同じである。

天城さんには、それこそ休むひまなく現場で働いているという自負があるから、女将の彼に対する評価替えなど、まったく理解できなかった。

さて、話は飛ぶが、オレはかねてより天城さんに対し、コイツは温泉旅館とは何ぞやということ理解しているのかという疑問を抱いていた。が、今日その答えが出た。彼は、温泉旅館というものを全く理解していなかったのである。否、解ろうとしないのである。

そして、女将が天城さんに対し露骨な態度をとらなかったのは、彼には幹部社員としての能力はないが、平社員としては超お買い得であったからだ。さすが優秀な女将の判断である。女将さんは言っているであろう「天城さん! あなたがかく汗は、ハンカチで拭える額の汗ではなく、脳みそにかかせる汗ですよ」と。

オレは愛すべき彼が今まで通り自信満々で働けるように努力を続かたが、分かったのか、分からないのか、この石頭野郎の表情に変化は見られなかった。このくそったれ野郎めが!

それならばと、天城さんの仕事好きな性格を刺激しようと、論法に変えて、名刺のない人生は思いのほか寂しいぞ、降格はされても会社は辞めるな、仕事を手放すなとしゃべったがこれも無視された。ああ、つかれた!

11. 頭の中は天城ワールド

零細企業の集まりである温泉旅館業界と違って、生保業界のような大会社には人材が豊富である。そこには東大や早稲田、慶応大卒の優秀な人間たちが作り上げた確固たる組織がある。そして、そのシステムは、あたえられた仕事を無難にこなす従順な社員がいれば完璧に機能するようになっている。

メリーゴーランド

超模範社員の天城さんは、生命保険会社の営業部門で、用意されたシステムにのって完璧に仕事をこなし、それなりの地位に登りつめた。彼の会社勤めは賞賛の連続であっただろ。そんなわけで彼自身のうちに「仕事とは」というものの答えが完全に出来上がっていた。いわば、彼の頭の中には「天城ワールド」が構築されたのである。

さて、天城さんは前職で完璧に仕事を遂行したことは疑いの余地はない。ということは、彼は自分の仕事ぶりに自信を持ったことであろう。しかし、自信満々の彼には、己が組織の一歯車として動いていたなんて夢にも思っていないだろう。

大企業のなかの従順な社員たちが、このあたりの認識の度合い、即ち、組織の中で一歯車として働かされていたという自覚の度合いによって、その人たちの第二の人生は大きく異なる。

12. 天は天城さんを見捨てず

天城ワールドが完成している天城さんの頭、すなわち、硬くなった頭は始末に悪い。ホテル舘山寺に就職しても自分の仕事の流儀を変えないという、その頑固さが今回の災いを呼び込んでいるとも知らずに…。本来ならば、こんなことが命取りになるのだが、センスは悪いが仕事に対しては真面目に取り組んだ天城さんを神様は見捨てなかった。

七福神の大黒様

神様はすべてを見ていた。ホテル舘山寺の女将は、短所を咎めず長所は認めるというタイプであった。即ち、将校・天城は失格だが、兵隊・天城の優秀性には高評価した。湯の街ネヲンの平社員として残れといった適切なアドバイスがあった。天城さんには、変な意味でのプライドがなかった…。

湯の街ネヲンの前ではアドバイスを無視したり猛反発をしたが、ホテルの戻った天城さんは、あっさりと支配人職を返上した。支配人職を返上するなんて、普通の人には異様な行動に見えるだろう。なにしろ「低いようで高いのがプライド」なんていう格言があるくらいだから。

でも天城さんには、そんな見栄っ張り的なプライドはなかった。人間、プライドの置き所は人それぞれである。天城さんは、休まず・遅れず・手を抜かず、肉体の酷使を厭わず額に汗して全力で働くことこそを、自分自身のプライドだとしてた。

だから名刺の肩書きが、支配人から営業と変わっても少しも気にしていなかった。ちなみに、第二の職場(ホテル舘山寺)内の出来事だったから大きな給料の変動もなかった。温泉旅館って、こんな特殊な世界なのです。

13. 突然のわかれ…

いくつかの年が過ぎた
ある年の秋の旅行シーズンが終わった12月のある日、天城さんがお歳暮の三ケ日みかん持ってやって来た。そして、早々に彼はいった。「じつは、今回はお別れの挨拶もかねてお邪魔しました」と。

思いがけないことを聞かされた湯の街ネヲンは、この石頭野郎との付き合いが終わるかと思ったらホッとした。しかし、寂しい気持ちも急激にわきあがった。

青空とマーガレット

天城さんの突然の退職の理由は、これからの残りの人生は私に付き合ってと奥さんに強くいわれたからだそうだ。頑固だが根はやさしい天城さん、奥さんの実家の伊豆に移住して、一緒に花作りに挑戦するそうだ。オレにはその話が俄かには信じられなかった。が、天城さんの人生のことである。彼が決めることなのでなにもいえなかった。

とりあえず、早春に咲くあの清楚なマーガレット栽培をやるそうだ。天城さん、新しい顔をみせて静かに帰っていった。頑張れ! 応援してま~す。

人気記事

人気記事

人気記事

人気記事