JTBへの挑戦

街を歩くビジネスマン
  1. 旅の楽々タウン>
  2. JTB への挑戦 : 第一話

JTB への挑戦 : 第一話

湯の街ネヲンは陸上自衛隊の除隊を決めると、あみだくじの階段を下りるようにして伊豆熱川温泉の温泉旅館(ホテル アタガワ)に就職した。仕事は、お客様から宿泊料をいただくお会計係(経理)である。この物語は、それから3年半が過ぎたある春の夜の旦那さん(社長)との会話からはじまります。そして、そこから湯の街ネヲンの仕事人生の幸運がはじまった。

昭和47年頃の熱川温泉街
海岸沿いにホテル旅館が立ち並ぶ 昭和47年頃の熱川温泉街

温泉旅館の旦那さん

当時の温泉旅館は、女将さんの指示のもと古参の番頭さん(支配人)や女中頭を中心にまわっており、ご主人はといえば名ばかりの社長で、旦那さんとかお父さんとか呼ばれ、家業の仕事は、ほったらかしで毎日ブラブラと競輪・競馬にパチンコ・麻雀、芸者遊びにと好き勝手をしていた。湯の街ネヲン、一歩間違えたら場末のドブのよどみに沈んでいただろう。

こんな時代、ホテル アタガワの旦那さんは例外中の例外であった。この50歳そこそこの旦那さんは、現場での仕事には手を出さなかったが、旅館経営に全力をそそいでいた。とくに社員教育には熱心で人を動かす天才であった。社員教育といっても、社員を一堂に集めて難しい講義などはしなかった。いつもマンツーマンであった。話し好きのおじさんという感じで時や場所を選ばず社員をつかまえては、館内での出来事や時々の世間話をうまく取り入れて、相手のレベルに合わせて解りやすく話しをして聞かせた。

この旦那さんは、まわりの人達よりも背がヒョロリと高く、手と足がとても長かった。おまけに顔までが長い。そして、社員達と話をするときは、身体を折り曲げ相手の目線に合わせて顔を近づける。話が核心に及ぶとさらに顔を近づけた。だから、気が付くと少し飛び出し気味のギョロ目と、長くのびた眉毛が特徴の長いが顔がすぐ目の前にあった。

旦那さんの思いもよらない話!

ある春の夜、湯の街ネヲンは旦那さんに呼びだされた。その場所は温泉街の中心にある社長宅の2階にある書斎兼の事務室である。向かいの遊技場のネオンの瞬きが窓のくもりガラスに映ったり、酔客の下駄の音や嬌声などがかすかに響いてくる。

糖尿病があった社長には夕食後の酒の量に制限があり、焼酎がキッチリと二杯に決まっていた。特に太っているわけでもないのに、とても汗かきで焼酎を飲んでいるときは、冬でも一すじ二すじの汗を流していた。

焼酎

さて、この夜の旦那さん(以下、社長)の話は、湯の街ネヲン(以下、ネヲン)とって思いもよらないものであった。

社長は、目元を少し赤くして右手の長い人差し指で小刻みに足元を指しながら「ところでネヲンさんは、ここに来てどのくらい?」と訊いた。

この社長は、どの社員にも必ず「さん」づけで呼ぶ。そして、下の社員になるほど優しい笑顔と声音で話しかける。また、すべてを承知していながら「どのくら経ったの?」などと話しはじめるのである。見かけとは違って本当は恐ろしい社長であった。

「3年半です」と、ネヲン。

「そうか、もう3年も経ったのか!」と、感慨深げにいいながら、

「毎日毎日、同じ仕事ばかりでは飽きるだろう」といった。

ネヲンは胸中で、経理だもの毎日の仕事の繰り返しは当たり前だろう、と思いながら次の言葉を待った。すると社長は、「たまには、息抜きに外に出てみるか?」と、ネヲンには理解しがたいことを言った。

「どう云うことですか?」と、理解の及ばないネヲンは聞き返した。

社長が解説をした。「営業ということで外に出すから、都会の空気を吸って気分転換をして来いと云うことだ」と。

「営業ですか!?」と、ネヲンは意外な展開に驚きの声を発した。ネヲンの脳裏には、仕事としての「営業」という思考がまったくなかった。陸上競技の選手が、いきなり水泳競技に転向しろといわれたようなものである。

ネヲンの胸中を察した社長は、「バカ! お前に客を取ってこいなんて、これっぽっちも思っちゃいない」と、指先をまるめ弾くようなしぐさをしながらいった。さらに、「第一、お前は顔からして営業向きでない」と続けた。この言葉にネヲンは妙に納得した。

このあと、社長は信じられないことをいった。

社長、長い指を親指からゆっくりと折おりながら、月、火、水、木、金といい、そして、今度はその指をパッとひろげネヲンの顔の前で、手のひらを左右に振りながらいった。

「ネヲンさんや」と、おだやかにいって、ひと呼吸おいて続けた。「気分転換のために営業という名目で出張させるのだから、5日のうち3日間は映画を見るなり好きにしていい。ただ、ほかの社員の手前があるから、2日間は営業のまねごとをして、それらしい報告をしてね」そして、この社長はネヲンの反応をみながら「まねごとでいいんだぞ! 気楽に行ってこい」と、念を押した。

てなワケで、営業に出るようになった!

はた目には、なんていい社長なんだと見えるかも知れないが、実は、そんなお人よしの社長ではない。向上心の強いネヲンの性格を見抜き、5日のうち3日は遊んでいいよという「エサ」をぶら下げて、もう一つの仕事(営業)をネヲンに与えたのである。

事実、日々のお会計業務は代役にバトンタッチしたが、経理本来の仕事はしっかりとネヲンの手元に残った。この日からネヲンは経理兼営業となった。

つづく

人気記事

人気記事

人気記事

人気記事

人気記事

人気記事